反り腰を直せば、一瞬でぽっこりお腹が解消!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
痩せているのに、お腹だけがポッコリでている。。。
そんな方は、腰が反っているのかもしれません。

腰が反っている「反り腰」の姿勢でいると、お腹がぽっこり
出ているだけでなく、腰痛の原因にもなります。

実は私自身も反り腰だったのですが、姿勢を正しくしたところ、
文字通り一瞬でお腹が引っ込んだのです!

痩せているのにお腹だけがぽっこり出ている方。
ダイエットが成功したのに、下腹だけがへこまない方。
反り腰を直して、ぺったんこのお腹を手に入れませんか?


■反り腰とは

背骨がS字であることは、皆さんご存知だと思います。
そのイメージが強いためか、姿勢を良くしようとして、
ついつい腰を反らせすぎる方が多いのです。

腰を反らせると、一見姿勢がいいように見えるのですが、
実は身体のバランスが崩れていて、腰や肩に負担がかかる
”悪い姿勢”なのです。

腰が反りすぎていると、骨盤が前に倒れた状態になっていて、
身体の重心は後ろに移動し、腰の筋肉が緊張する為、
腰痛や坐骨神経痛、股関節痛などが起こりやすくなり、
ひどくなると肩こりや背中痛の原因にもなります。

次のような方は、反り腰の可能性が高いです。
・お腹が前に突き出ている
・おしりが出っ張っている
・肩が耳たぶより後ろにある
・身体を前に曲げると、腰の下部が痛む
・仰向けで寝にくい
・仰向けで寝ると腰が浮く


■反り腰の直し方

理想の姿勢は、壁に頭、背中、お尻、踵をつけて立ったとき、
腰と壁の隙間が手のひら一枚分くらいの厚さになる姿勢です。

壁と腰の隙間に手を入れて、入れた手を壁に押し付けるようにして
正しい骨盤の位置の感覚を身につけます。

手を壁に押し付けて5秒キープしたら力を抜きます。
これを1日に5セット行います。

手を押し付けるのが難しい方は、踵を壁から離していきましょう。
やりやすいと感じる距離まで離れてかまいません。

それでも感覚が良く分からない方は、横になってみて、
感覚をつかんでみましょう。

仰向けで横になり、ひざを立てます。
腰が浮かないよう、お腹を床に押し付けるようにしながら、
お尻だけを持ち上げると、腰が床に押し付けられます。
この感覚をよく覚えておいて下さい。


■反り腰のためのストレッチ

反り腰の方は、腰の関節が詰まった状態にあるため、
ストレッチも効果的です。

頭の後ろにクッションなどを入れて、仰向けになり、
太ももの後ろに両手を回して、両膝を抱えます。

このとき、あごを引き気味にして、腰の部分だけを
伸ばすような感覚で、20~30秒間ストレッチします。

10秒休んで、合計3回行います。

次に、体を起こして体育座りをして、後ろに倒れ、
肩甲骨が床につく直前で体を起こし、
今度は足の裏が床につく直前で再び倒れ、
起き上がりこぼしのように、前後にゆっくりと5回往復します。

いままでどうしてもぽっこりお腹だけが解消されなかった方に、
ぜひお勧めのストレッチです♪

スポンサードリンク
タグ:ダイエット 姿勢 猫背 姿勢が悪い ぽっこりお腹 ポッコリお腹 お腹だけぽっこり お腹が出ている お腹瘦せ 部分痩せ 
レバレッジで巨額の損失
Copyright (C) オーダーメイド・ダイエット あなたにぴったりのダイエット法がきっと見つかる!. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。