デトックス・ダイエット

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
身体に毒素が溜まると、いくらダイエットをしても
痩せにくくなってしまいます。

そもそも、なぜ身体に毒素が溜まってしまうかというと、
工業製品が身の回りにたくさんある現在、
ヒ素や水銀、鉛やカドミウムといった有害物質が、
魚介類や鉛製の水道管など、様々なルートで
体内に入ってきてしまいます。

人間には例え有害物質が体内に入り込んでも、
便や尿、汗、つめ、毛髪などに排出される仕組みが
備わっていますが、量が多くなると排出しきれなくなり、
体内に蓄積されてしまいます。

有害物質は体内に蓄積すると活性酸素を発生させ、
血管や細胞を傷つけたり、老化を促進させたり、
体内の酵素を結びついてその働きを邪魔してしまいます。

例えば、消化酵素と結び付くと消化が阻害され、
脂肪分解酵素と結び付くと脂肪が分解されにくくなります。

また、酵素の働きを阻害することにより代謝が悪くなり、
痩せにくい体になってしまうのです。

では、どうすれば有害物質をうまく
デトックスできるのでしょうか?

まず、有害物質をできるだけ体内に取り込まないように、
加工度の高い食品はできるだけ食べないようにしましょう。

デトックス効果のある食材を食べて、
排出を促すことも有効です。

タマネギやニラ、ネギ、ニンニク、豚肉、卵、玄米、ゴマ、
大豆などは、血液中で毒素と結合して排出する働きがあります。

ゴボウやコンニャク、サトイモ、長いも、レンコン、オクラ、
トマト、リンゴ、海草、玄米、大豆などは、
腸内で毒素を吸着して、体内から排出してくれる働きがあります。

味噌、醤油、ニンジン、小松菜、ピーマン、ホウレンソウ、キャベツ、
カボチャ、ニラ、トマト、ゴマ、レモンなどには、活性酸素を
抑える働きがあります。

タマネギ、ニラ、ニンニク、ネギ、キャベツ、カリフラワー、
ブロッコリー、ダイコンなどには、肝臓での解毒を強化する
働きがあります。

こうした食材を組み合わせるほか、旬の食材を選ぶのも有効です。

さらに、ビタミンB群やアミノ酸などを摂ることにより、
腸の蠕動運動が促進され、有害物質の排出が促されます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
レバレッジで巨額の損失
Copyright (C) オーダーメイド・ダイエット あなたにぴったりのダイエット法がきっと見つかる!. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。