オーダーメイド・ダイエット あなたにぴったりのダイエット法がきっと見つかる!TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫   ≫ 痩せている方が溜まりやすい!?第三の脂肪”異所性脂肪”

痩せている方が溜まりやすい!?第三の脂肪”異所性脂肪”

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
皮下脂肪と内臓脂肪のほかにもうひとつある第三の脂肪、
”異所性脂肪”が溜まると、かなり危ないそうですね。

この異所性脂肪は、筋肉に溜まるのだそうです。
しかも、たった500グラムで命の危険を招くようで
痩せているから安心と言うわけにはいかないのが
怖いところです。

この第三の脂肪である異所性脂肪は、
食べ物から摂取される脂分で作られており、
本来の脂肪の毒性が直接伝わってしまうため、
そのほかの脂肪より毒性が強いのだそうです。

日本人は体質的に異所性脂肪を
貯蓄しやすい体質であるとか!

そもそも脂肪は皮膚と筋肉の間に貯まり(皮下脂肪)、
さらに大腸や小腸の周りにつきますが(内蔵脂肪)、
脂肪細胞自体には数に限りがあり、
容量を超えてしまうと、むりやり居場所を作ってしまい、
異所性脂肪になってしまいます。

そのため、脂肪細胞が増える思春期の時期に
太っていた人は、異所性脂肪が溜まりにくいとも
言われています。

逆に、中高生の頃やせていた人は、
脂肪細胞の数自体が少なく、
異所性脂肪が溜まりやすいのではないかと
考えられています。

思春期のダイエットが、将来のリスクを増やしてしまう…

恐ろしい話ですよね。

ただし、異所性脂肪を減らすには、
ごく短期間の運動で劇的に効果があるということが
分かっています。

わずか1時間のランニングで、異所性脂肪の量が
40%も減ったという結果もありますし、
いつもより、10センチから20センチ歩幅を広くし
胸を張って正面を見て歩くことも効果があるとされています。

運動不足が異所性脂肪を溜め込んでしまう原因ですので、
意識して有酸素運動を心がけるとよいようですね。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
|   | 編集 |
レバレッジで巨額の損失
Copyright (C) オーダーメイド・ダイエット あなたにぴったりのダイエット法がきっと見つかる!. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。