オーダーメイド・ダイエット あなたにぴったりのダイエット法がきっと見つかる!TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫   ≫ 不眠症の人は太る!? 睡眠とダイエットの気になる関係

不眠症の人は太る!? 睡眠とダイエットの気になる関係

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
「睡眠に問題がある人は体重が減りにくい」という
気になる記事が、ヤフーニュースにありました。
ソースは日経ウーマンオンライン(日経ヘルス) ですね。

その内容は、『「隠れ不眠者」は、食欲が増加しやすく、
体重が減りにくい』というものでした。

「隠れ不眠者」とは、慢性的な不眠ではありませんが、
睡眠に悩みや不満を抱え、日常生活に影響があるひと、
だそうです。

例えば、毎日じゃないけど布団に入ってもいつまでも眠れない、
ちゃんと寝ているはずなのに朝に疲れが残っている、
というひとが「隠れ不眠者」にあたるそうです。

さて、この隠れ不眠者と快眠者を比較すると、
「ついつい食べ過ぎてしまう」「体重が減りにくくなった」
という項目で、隠れ不眠者の方が該当者が多かったそうです。

睡眠中はタンパク質の合成や成長ホルモンの分泌が
促進されるので、寝ることで良質な筋肉が作られ、
基礎代謝が高まるとか。
まさに、『寝る子は育つ』ですね。

起きていた方がエネルギーを使って痩せそうな気がしますが、
そういうものでもないのですね。

また、隠れ肥満者は食欲を増進させる「グレリン」
という物質が多く分泌され、食欲を抑える「レプチン」という
物質の分泌が少なくなっているという研究報告や、
睡眠不足が続くとホルモンの作用で食欲が高まり、
結果として太りやすくなるという研究結果も報告されています。

ちなみに、隠れ不眠者とは、下記のような人を言うそうです。

・めざましをセットした時間より早く起きる
・寝つきが悪いことが多い
・寝る時間は、毎日ばらばらである
・仕事が忙しいと、夜遅くまで寝ないで頑張ってしまう
・平日は睡眠時間が短いため、休日に「寝だめ」をする
・夜中に何度か起きることがある
・朝起きても疲れが取れていない
・集中力が続かず、イライラすることが多い
・昼間に居眠りしてしまうことがよくある
・面白そうなことがあっても、興味がわかない
・自分は寝なくても大丈夫なほうだと思う


寝るだけで太りにくくなるんでしたら、いくらでも寝ますよね(爆)
それなのに眠りにくいのが「隠れ不眠者」。

そこで、眠りにつきやすい工夫をまとめてみました。

・夕食は就寝2時間前までにとる
・寝る前に軽い運動をする
・40℃前後のぬるめのお風呂にゆっくりつかる
・寝る前の寝室の明かりは、暗めにする
・早起きをする
・寝る前にテレビやパソコンなどを見ない

そして、どうしても睡眠の悪循環が断ち切れない方は、
ドラッグストアなどで購入できる「睡眠改善薬」をつかって、
眠りのサイクルを整えてもいいでしょう。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
|   | 編集 |
レバレッジで巨額の損失
Copyright (C) オーダーメイド・ダイエット あなたにぴったりのダイエット法がきっと見つかる!. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。