お酒をやめると痩せる! お酒とダイエットの関係

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
お酒を飲むと太るのは、みなさん経験的に知っていますよね。

でも、お酒自体はエンプティー・カロリーで、いくら飲んでも太らない、
という話も聞いたことはありませんか?

でもでも、お酒のカロリー表も見たことあるし。。。

一体お酒にはカロリーがあるの?
それともないの?
お酒を飲むと太るのはなぜ!?
そう思ったことはありませんか?


◼︎アルコールはエンプティー・カロリー でも、、、

お酒にもカロリーはあります。

お酒の成分を見てみましょう。

例えばビールは、アルコール、糖質、その他です。
日本酒も、アルコールと糖質が含まれています。
焼酎やウィスキーなどの蒸留酒は、アルコールと水だけです。

家庭科の時間に習ったカロリー計算式を覚えていらっしゃいますか?

1gあたり、糖分とたんぱく質は4kcal、脂肪は9kcal。
脂肪は1g当たりのカロリーが大きいため、太りやすいのですね。

ところで、アルコール(=エタノール)にもカロリーはあります。
1gあたり7kcalです。
意外と高いですね。

でも、アルコールのカロリーは、他のカロリーと違う作用を及ぼします。

お酒を飲むと血行が良くなったり、体が熱くなったりしますが、
アルコールのカロリーはこうした血行促進や耐熱上昇などに使われ、
血液中に存在している間にエネルギーとして利用され、体内に
貯蔵されることはありません。

また、アルコールは分子量が小さいため、尿や汗、呼吸などによっても
どんどん体の外に放出されていきます。

結果、アルコールのカロリーは体内に留まらないので、
「エンプティー・カロリー」と言われるのです。

しかし、先ほどのお酒の成分を思い出してください。
焼酎やウィスキーなどの蒸留酒はともかく、ビールや日本酒、
ワインなどには糖質が含まれています。

糖質には1gあたり4kcalのカロリーが存在します。
糖質由来のカロリーは、一般的なカロリー同様、体に蓄積し、
贅肉となります。

さらに、お酒には油物などの食欲を増進させる働きもあるため、
ついつい食べ過ぎてしまいがちです。

食べ過ぎた分は、確実に脂肪に変わってしまいます。


◼︎ならば、おつまみを食べなければいいの?

ならば、おつまみを食べなければいいと考える方もいらっしゃるかも
しれません。

しかし、これはとても危険な考え方です。

お酒だけを飲むと、酔いが早く回り、急性アルコール中毒に
なりやすいというのはどなたもご存知のことでしょう。

それだけではありません。
空腹のままお酒を飲むと、身体に必要な栄養分を摂れないので、
健康を害する危険があります。

また、朝食を抜くと太りやすいように、体が飢餓状態になると、
脳はいつ栄養が入ってくるのかわからないため、栄養をより
吸収しようとし、今までより胃や腸の吸収能力が高まり、
たとえ同じ食事を続けていたとしても、摂取カロリーが増え、
太りやすくなってしまうのです。


◼︎かといって、おつまみを食べ過ぎると。。。

かといって、おつまみを食べ過ぎると、当然のように太ります。

お酒を飲むと、前述のようについつい食べ過ぎてしまったり、
お酒に含まれるアルコール以外の糖分のカロリーにより、
どうしてもカロリー過多となってしまいがちです。

それだけではなく、お酒には脂肪の代謝を悪くしたり、
内臓脂肪を貯める働きもあり、これほどダイエットの敵な
飲食物は他にないと言っても過言ではありません。


◼︎お酒を止めて楽々ダイエット♪

お酒を止めるだけで、これらの悪しき影響から離れることが
できるのです。

つらい食事制限や運動もせずに痩せられるんですから、
禁酒しない手はないですよね?

おまけに、酒代が浮くので、ファッションや趣味に使える
お金も増えます。

いいことだらけの禁酒ダイエット、始めてみませんか?



スポンサードリンク
タグ:禁酒ダイエット カロリー ダイエット エンプティー・カロリー 痩身 痩せる カロリーコントロール 
レバレッジで巨額の損失
Copyright (C) オーダーメイド・ダイエット あなたにぴったりのダイエット法がきっと見つかる!. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。