冬野菜ダイエットで代謝アップ! むくみも解消!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
冬になると、寒くて外に出るのもおっくうになりますよね。
熊などの動物が冬に冬眠するように、人間の身体も
冬は軽い冬眠状態になります。

そのため、冬は新陳代謝が鈍くなり、消化不良や
胃もたれ、便秘になりやすいのです。

その上、寒さで血管が縮み、血行不良になり、
冷えが悪化したり、むくみがちになります。
この冷えやむくみが、体脂肪が付き始める原因なのです。

それだというのに冬はクリスマスやお正月、忘年会、
新年会と、太る要因がいっぱい!

これじゃあダイエットは春までお預け。。。
そんな気分になってしまいますよね。

でも!
寒い冬は、体温を上げるため、実は夏よりも
カロリーを消費しているのです。

そのため、見方を変えれば冬はダイエットに適した季節!
冬野菜ダイエットで春までに痩せちゃいましょう☆


■冬野菜ダイエットとは

先ほどご説明した通り、冬は寒くて軽い冬眠状態になり、
新陳代謝や血行が悪くなり、冷えやむくみを引き起こし、
そのために体脂肪を溜め込んでしまいます。

では、逆に身体を温めたら?

そんな逆転の発想が冬野菜ダイエットです。

冬野菜とは、大根や白菜などの冬が旬の野菜のこと。
冬に採れる野菜は、身体を温める作用があります。

冬野菜には消化を促す作用を持つものが多いので、
ついつい食べ過ぎてしまう忘年会やお正月に最適!

さらに、ビタミンCを豊富に含む野菜も多いので、
風邪の予防にももってこいです。


■冬野菜とその効用

<大根>
大根はカロリーが低く、ダイエットに最適な野菜です。
また、ジアスターゼというデンプンを分解する酵素が
消化を促進してくれるため、食べ過ぎた翌日に大根を
食べると、胃もたれを解消してくれます。

酵素は熱に弱いので、大根おろしやサラダなど、
必ず生で食べましょう。


<白菜>
白菜には食物繊維が多いので、お通じ対策に最適☆
また、利尿作用のあるカリウムも豊富に含まれているので、
むくみ解消にも効果的です。

白菜にはビタミンCも多く含まれていますが、
ビタミンCは熱に弱いため、長時間火にかけず、
サッと火を通すにとどめた方が良いでしょう。
サラダや漬け物なら、ビタミンCを無駄なく利用できます。


<ネギ>
昔ながらの民間療法に多く登場するように、
ネギは身体を温めてくれる代表的な冬野菜です。
食べると身体が芯から温まり、代謝アップも期待できます。

ネギ独特の香り成分アリシンが、身体を温めてくれます。
アリシンは加熱しすぎると効果が半減してしまうので、
火の入れ過ぎには注意しましょう。

アリシンはネギの辛み成分でもあるので、
辛みが気になる場合は、水にさらしますが、
さらしすぎないように!


<ほうれん草>
ほうれん草には、血液の主成分である鉄が豊富に含まれて
いるため、女性には特に大切な冬野菜です。

根の赤い部分は捨ててしまいがちですが、この部分には
骨の形成に役立つ成分が含まれているので、
きれいに洗ってできるだけ捨てないように!
この赤い部分は甘くて、食べてもおいしいのです。

結石の原因になり得るシュウ酸が含まれているので、
ゆでてから調理しましょう。
お手軽で人気の電子レンジ加熱では、シュウ酸は
除去できません。
電子レンジで加熱した場合は、水にさらして
シュウ酸を取り除くと良いでしょう。


<レンコン>
レンコンには、ポリフェノールの一種であるタンニンが
含まれています。
このタンニンは、抗酸化力が高く、身体のさびを防いで
くれるほか、脂肪を燃やす酵素を活性化させてくれる優れもの☆
食物繊維も豊富なので、便秘にも効果抜群です。

栄養素を逃がさないためにも、酢の物など白さを求める
料理以外は水さらしをしないで、そのまま調理しましょう。

スポンサードリンク
タグ:ダイエット 冬野菜ダイエット 痩身 代謝アップ 便秘解消 便秘予防 お通じ対策 
レバレッジで巨額の損失
Copyright (C) オーダーメイド・ダイエット あなたにぴったりのダイエット法がきっと見つかる!. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。