腸活で便秘解消!ポッコリお腹にサヨナラ!①

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
ダイエットをいくらがんばっても、どうしても
痩せない部分ってありますよね。
なかでもポッコリお腹は頑固です。

実はそのポッコリお腹、便秘が原因かもしれません。

ダイエットをするとどうしても便秘がちになってしまいますよね。
便秘になると、お腹は張るし、お肌は荒れるし、
いいことは全然ありません!

”腸活”で便秘を解消して、健康的に痩せませんか?


■年を取ると便秘しやすい!?

腸では食物の消化・吸収・排便を促すぜん動運動などが
行われています。

これらの腸の働きは、”副交感神経”がコントロールしています。
副交感神経は別名”リラックスの神経”とも呼ばれていて、
この副交感神経が高まると、血管が広がり血圧は低下し、
心拍数が穏やかになり、心がリラックスモードになります。

しかし、ストレスにさらされがちな現代人は”交感神経”が
高まりすぎて、下がるべきときに下がらない傾向にあります。

交感神経は”緊張・興奮の神経”で、血管が収縮して血圧が上がり、
心拍数が上がり、身体はアクティブな状態になります。

さらに、男性は30歳以降、女性は40歳以降から副交感神経が
高まりにくくなることから、腸の働きが衰え、腸内環境が
悪くなってくるのです。


■腸内環境が悪くなるとどうなるの?

では、腸内環境が悪くなると、具体的にどんな悪影響が現れるのでしょう?

まず、太りやすい体質になります。
これは、腸がうまく働かないと代謝が落ち、身体に必要な栄養素が
うまく消化・吸収できなくなり、老廃物や脂肪を溜め込んでしまいます。

こうして不要物が腸内にたまるため、便のにおいが臭くなるのはもちろん、
口臭や体臭までキツくなってしまいます。

さらに、たまった老廃物や毒素を排出するため、身体はこれらをいったん
血液中に吸収させ、最終的に皮膚から排出しようとします。
そのため、肌が荒れてしまいます。

また、腸内環境が悪くなるということは、善玉菌が減って、
悪玉菌が増えるということ。

実は人間の免疫力の7割は腸内細菌が担っていると考えられています。
そのため、腸内環境が悪くなる=免疫力が落ちるということにつながり、
病気にかかりやすくなってしまうのです。

また、悪玉菌が優勢だと発ガン成分が活性化しやすくなり、
大腸にポリープやがんができやすくなってしまいます。

このように、腸内環境が悪くなるとそれに付随して様々な悪影響が出て、
健康を害することによりさらに腸内環境が悪くなってしまう。。。
という悪循環に陥ってしまいます。

こうならないためにも、”腸活”で健康美を目指してみませんか?

スポンサードリンク
タグ:ダイエット 腸活 腸活でダイエット ぽっこりお腹解消 善玉菌 悪玉菌 大腸がん 腸内環境 
レバレッジで巨額の損失
Copyright (C) オーダーメイド・ダイエット あなたにぴったりのダイエット法がきっと見つかる!. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。