月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --年--月--日 | スポンサー広告 | 編集 |

太ももダイエット|太ももには大きな筋肉があるので、実は痩せやすい箇所なんです♪

季節の変わり目です。

久しぶりに履くパンツが、なんだかキツイ。。。
もしかして、太った!?

とショックを受けている方もいらっしゃるかもしれません。
実は私もその一人です(>_<)

でも大丈夫。
下半身、特に太ももには大きな筋肉があるので、運動することにより、
簡単に脂肪を減らすことができるのです。

太もも痩せに効く運動をご紹介しますので、私と一緒にダイエットしませんか?

まず、太ももの内側の筋肉である「内転筋」を集中的に鍛えます。

太っている女性って、電車の中でだらしなくあしを広げて座っていますよね?

長時間足を閉じて座れないのは、内転筋が弱っている証拠なのです。
逆に、内転筋を鍛えることにより、足が細くなる上、
足を閉じて座れるようになります。
そのため、内転筋は「美脚の筋肉」とも言われているのです。



《太もも痩せエクササイズ》

◎太もも全体を引き締めるエクササイズ
1.腕を伸ばしたまま、両手を横に肩の高さまであげます。
2.息を吸いながら、膝を体の真横に上げます。
この時、太ももが床と平行になるようにします。
3.息を吐きながら、足を体の正面へ移動させます。
ダイエット効果を得るには、この時、お尻に力を入れ、
股関節を回転させることを意識します。
また、太ももが下がらないように注意します。
4.息を吸いながら、足を体の真横に移動させます。
5.3~4を左右各10回行います。

◎内ももの筋肉を鍛えるエクササイズ
1.うつ伏せになり、足を揃えます。
2.膝を曲げ、手で足首をつかみます。
この時、太ももが浮かないようにします。
3.上体を反らせます。
この時、首を伸ばし、肩を下げることを意識します。
4.2~3を3回繰り返します。

◎ハムストリングス(太ももの内側)を鍛えるエクササイズ
1.仰向けになり、両手を肩の高さで横に広げます。
手のひらは下向きにします。
2.ひざ下を揃えて両ひざを立てます。
3.つま先を立て、次に腰を持ち上げます。
この時、ももの裏側の筋肉を使うことを意識します。
4.足を横に倒します。
この時、両肩は床につけたままとし、
膝とかかとが離れないよう注意します。
5.3の姿勢に戻してから、反対側に倒します。
6.3~5を2回繰り返します。

◎タオルを使った内転筋を鍛えるエクササイズ
1.床に座り、足を揃えて伸ばします。
2.タオルを縦に折り、片膝に引っ掛けて外側に8秒間引っ張ります。
3.反対側の足も同様に行います。
4.3~4を、左右各10回行います。

◎エア自転車エクササイズ
1.仰向けに寝て、頭と両足をあげます。
2.空中で自転車を漕ぐように、足を30秒間回転させます。
この時、下腹を意識して行います。
3.逆回転も行います。
4.2~3を2セット行います。

◎スクワット
1.足を肩幅に開いて立ちます。
この時、胸を張り気味にします。
2.息を吸いながら、3~4秒かけて、ももが床と平行になるくらいまで
腰を下ろします。
この時、前かがみにならないように注意します。
空気イスに座るようなイメージで、鼻がつま先より前に出ないようにします。
3.息を吐きながら、ゆっくりと腰を上げていきます。
4.2~3を10~20回繰り返します。

◎マッサージ
1.膝から太ももにかけて、手のひらを使ってマッサージします。
2.太ももをつまんで、もみほぐします。
3.雑巾を絞るように太ももを絞りながらマッサージします。
角度を変え、太もも全体を絞ります。





スポンサーサイト
| 2015年08月31日 | 部分痩せ | 編集 |
レバレッジで巨額の損失
Copyright (C) オーダーメイド・ダイエット あなたにぴったりのダイエット法がきっと見つかる!. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。