月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --年--月--日 | スポンサー広告 | 編集 |

パッションフルーツ種子由来のピセアタンノール(パセノール)のアンチエイジング効果がすごい!

パッションフルーツといえば、いかにも南国っぽい甘みと

酸味があり、爽やかな香りのトロピカルフルーツで、
私も大好きな果物です^ ^

種子ごとトロトロの果肉を食べますが、実はこの種子に
強力なアンチエイジング効果のある「ピセアタンノール」
という成分が含まれているのだそうです。

ヒトで、ピセアタンノールの効果の試験を行ったところ、
動脈の血管の柔軟性が高まったり、血流が増加したり、
コラーゲンの分解を抑制・産生促進したり、
メラニン色素の合成を抑制したりといった
アンチエイジング効果が報告されています。

動物実験ではなく、人間での試験結果ですから、
信頼性がありますよね。

この研究は森永が行ったのですが、森永は
このピセアタンノールを「パセノール」と名付けて、
ドリンクとサプリメントとして通販限定で
発売を始めたそうです。

森永と言えば、チョコレートやアイスクリームなどの
お菓子のイメージしかありませんでしたが、
こんな事もやっているのですね。

ドリンク1本、サプリメント4粒中にそれぞれ
パセノールが10mg含有しているそうです。

森永によれば、くすみやたるみといった老け顔対策に
効果があるのだとか。

ちょっと興味が湧きますよね。


◼︎ピセアタンノールとレスベラトロール

ピセアタンノールは、レスベラトロールに構造がよく似て
いるため、働きも似ているのではないかと期待されています。

では、レスベラトロールとは、どのようなものなのでしょうか?

レスベラトロールはポリフェノールの一種です。

レスベラトロールには、血管拡張機能を改善して動脈硬化を
防いだり、脳の血流を増やすことにより認知症予防の
可能性があるという報告がされています。

また、活性酸素を除去し、新陳代謝を活発にする働きがあります。
そのため、シミやソバカス、たるみやシワなどを予防し、
美肌に効果があると言われています。

さらに、脂肪の蓄積を減少させる効果もあるとされていますので、
ダイエット効果も期待できます。

レスベラトロールはブドウの果皮やイタドリに含まれていて、
「フレンチ・パラドックス」の要因物質ではないかと
考えられています。

このように多種多様な効用が期待できるレスベラトロールと、
ピセアタンノールの働きが似ているのではないか、
ということなのですね。

ちなみにイタドリは、その辺に生えている雑草の一つで、
私の住んでいる地域ではスカンポとも呼んでいますが、
ちょっと酸っぱい、食べられる草です。


◼︎サーチュイン遺伝子との関係

最も注目されているのが、サーチュイン遺伝子との関係です。

サーチュイン遺伝子とは、別名長寿遺伝子とも呼ばれていて、
サーチュイン遺伝子を活性化させることにより、生物の
寿命を伸ばすと考えられています。

サーチュイン遺伝子は、カロリー制限により活性化されることが
しられています。

昔から、「腹8分目」といいますが、科学的にも正しかったのですね。
また、50代なのに30代にしか見えない南雲先生も、
空腹状態をキープすることでサーチュイン遺伝子の働きを活発化させ、
あの若さを保っていると言われています。

ところで、この長寿遺伝子は、レスベラトロールでも活性化されると
言われています。

ただし、活性化に十分な量を赤ワインで摂取しようとすると、
赤ワイン100本分も飲まなくてはならなくなり、とても無理です。

レスベラトロールと構造の似ているピセアタンノールに
同様の効果があるのかどうか、研究の成果が待たれます。


スポンサーサイト
| 2014年10月21日 | アンチエイジング | 編集 |
レバレッジで巨額の損失
Copyright (C) オーダーメイド・ダイエット あなたにぴったりのダイエット法がきっと見つかる!. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。