月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --年--月--日 | スポンサー広告 | 編集 |

朝だけのプチ断食ダイエット

断食ダイエットに興味があっても、いざトライしようとしてみると
難しそうだったり、無理そうだったりで躊躇している方も
多いかもしれませんね。

では、朝だけのプチ断食はいかがでしょうか?
1食抜くくらいだったら、気軽にできそうな気がしませんか?

”朝の断食”といっても、ただ単に朝食を抜いたり、
前の日の夜中に食事をしていたりしてはいけません。

普通に朝食を抜くと、15時間以上何も食べないことになるので、
身体は栄養分を欲して、脂肪を溜め込もうとします。
夜中に食事をすると、寝ている間は脂肪をためやすいので、
かえって太ることになりかねません。

理想は、前の日の夕食は20時までに摂り、
朝食の代わりに野菜ジュースを飲みます。
これで、脳に必要なぶどう糖も摂れますし、
身体も脂肪を溜め込まなくなります。

時間に余裕のある方は、市販の野菜ジュースではなく
手作りの”断食ジュース”を作ってもよいかもしれませんね。

断食ジュースにはいろいろなレシピがありますが、
材料がいつでも揃っていて、しかもおいしく飲める
”リンゴと人参の断食ジュース”をご紹介しましょう。

リンゴ1個と、人参2本の皮をむき、
ジューサーでジュースにするだけ☆
好みでレモン汁を加えてもいいでしょう。

作り立てを、なるべくゆっくりと、
噛むような感じで飲むとお腹もふくれます。

こうして断食ジュースを飲むと、前日の夜から15時間以上
何も食べていない状態でも、それほど苦しくなく
プチ断食を実行することができます。

さて、朝のプチ断食をした後の昼食は、
思いっきり食べたい!という気分になるかもしれませんが、
カツ丼や天丼など、カロリーの高いものはNG!
そこはやっぱりダイエットですから、気をつけましょうね。

お勧めは、ネギや唐辛子をたっぷりとかけたおそばです。
お蕎麦も、ネギも唐辛子も、陽性食品といって、
身体を温める食品なので、代謝を良くしてくれます。
スポンサーサイト
| 2011年05月11日 | プチ断食 | 編集 |
レバレッジで巨額の損失
Copyright (C) オーダーメイド・ダイエット あなたにぴったりのダイエット法がきっと見つかる!. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。